青汁の飲み比べに夢中です!

喜ぶ女性40歳を迎えて、肌に艶もなくなり、代謝も日に日に衰え、便秘がちの体質になってきたことに、悩みを感じていました。

なんとかしたいと思っていたころ、ドラッグストアで目にした青汁に興味を持ち、購入をしました。毎日2袋飲んでいたら、なんとなく身体が軽くなり、便秘も解消してきました。

30袋で900円と、リーズナブルな青汁だったので、もう少し値段を上げてみたら、もっと効果が期待できるかも。と思い、ヤクルトの『私の青汁』を飲んでみました。

サラッとしていて飲みやすく、クセのない味わいです。以前購入した青汁の倍はしますが、これは良い!としばらく飲み続けました。体調もなかなかよいです。

便秘も解消されてきました。

そんなとき、ケールの青汁のほうが、大麦若葉よりも効果が高いことをインターネットで知り、ケール入りの青汁に替えてみることに。ハチミツ入りなら、飲みやすいかと思い、キューサイのハチミツ青汁を購入しました。大麦若葉よりは、クセがあるものの、ハチミツがケールを飲みやすくしてくれています。

ハチミツは、山田養蜂場のハチミツなので、信頼感もあります。

しばらく飲み続けていましたが、ファンケルの青汁は、ケール100パーセントと、知人から聞き、今度はファンケルを試してみることに。

ケール100パーセントなので、クセはありますが、一番、青汁っぽくて、栄養価も高いです。

しばらくファンケルの青汁を飲み続けようと思います!

髪の美容、頭皮のクレンジングについて

美しい髪を作るには、頭皮のケアが欠かせません。顔の肌と同じように、頭皮もストレスや食生活によって影響を受け、皮脂分泌のバランスが狂って、脂分で毛穴が詰まってしまうと頭皮がハリを失い、健康な髪も生えにくいのです。

毎日のシャンプーやブラッシングで頭皮をマッサージするとともに、毛穴に詰まった汚れや脂肪を取る頭皮クレンジングをすると、髪の臭いやかゆみも取れますし、薄毛や抜け毛の原因となる毛穴の詰まりも解消できます。

4頭皮クレンジングには、専用のオイルも市販されていますが、自宅で頭皮クレンジングする時は、メイクおとし用のクレンジングオイルでできます。まずヘアブラシで頭皮をマッサージすると共に毛髪も軽くとかします。

そして、オイルを500円玉くらい手にとり、頭頂部を中心に頭皮につけて、毛髪でなく、頭皮につけて指の腹でマッサージしたら、お湯でしっかり流します、その後シャンプー、リンスをします。

クレンジングの際には、頭皮をケアするための専用ブラシを使うと効果があります。

頭皮クレンジングは、週に1回〜2回くらいで良いです。皮脂は多すぎても困るのですが、落としすぎても頭皮が乾燥してしまい、フケなどのトラブルの原因になります。地肌がベタついてきたなと思ったら、試してみてください。

マッサージの方法は、指の腹で頭頂部から下方向に軽くマッサージします。爪を立てると頭皮を傷つけるので、注意しましょう。

紫外線をカットできるUVケアの日焼けどめで、お肌のくすみをつくらないようにしたいものです。

紫外線夏の日差しは、かなりお肌にもきつく感じます。

太陽の紫外線は肌のくすみや、にきび、毛穴の開きなどの原因にもなります。

その為にも毎日のスキンケアは大切なものですよね。

UVケア製品で、日焼け止め効果を感じたいものです。

もちろん日差しからお肌を守るためには、首元にスカーフをまとったり、日傘をさしたりと方法はたくさんあります。

しかし、お顔や首や手などに日焼け止めを使うことは、紫外線カットには必要となります。

私が使っているハーバー化粧品の中の、日焼け止めUVプロテクト15とUVカット25をご紹介します。

UVプロテクト15は、5時間の日焼け止め効果があります。

お肌にやさしい日焼け止めとなります。

紫外線を反射して、カットする肌に自然な無機顔料や、潤い成分であるスクワランを配合しています。

そのため、アトピー体質の方にも、おすすめできるものです。

ラベンダーの香りでとても爽やかです。

もうひとつのUVカット25は、8時間の日焼け止め効果があります。

シミやシワの原因となるものを防ぎます。

紫外線をあびたくない方には、お薦めできるものです。

ローズマリーの香りはここちよさを感じます。

自然派の化粧品であるハーバーは、安心してスキンケアもできるものです。

お子様用の日焼け止めもあります。

携帯に便利な、プレストパウダータイプの日焼け止めなどもあるのです。